「目の前にパッと…」 夜空横切る火球 なぜ緑色?[2021/12/11 18:45]

 10日夜に全国各地で目撃された闇に光り輝く火球。鮮やかな緑色、その訳を探りました。

 午後7時すぎ、全国の広い範囲で観測された流れ星である火球です。関東各地でも確認されました。

 千葉県東金市では夜空を彩る花火の後ろを同じくらいの明るさで右へ流れていく様子が見えました。

 埼玉県入間市付近では…。

 目撃者:「運転していても分かるくらい強い光が目の前にパッと出てきて、流れている間、黄色か黄緑っぽいような色に見えました」

 平塚市博物館で天文を専門としている藤井学芸員は…。

 平塚市博物館(天文専門)・藤井大地学芸員:「今回は(年間通して見られる)散在流星の流れ星だった。流れ星に含まれる組成、大気の組成と2つの理由によって流れ星の色が決まるんです。鉄のスペクトルを多く含んでいて緑色になったそうです」

 藤井学芸員は神奈川県平塚市と静岡県富士市にカメラを設置していて、2つのカメラの映像から落下地点を推測。

 平塚市博物館(天文専門)・藤井大地学芸員:「東海地方の沖合の辺りに流れていきました」

 藤井学芸員によると、この年末年始に2つ流星群が観察でき、火球を見つけることができるということです。

こんな記事も読まれています