「イルミ警察」現る?元日夜に…勝手に“電飾撤去”[2022/01/04 11:41]

 不審な人物による“謎の行動”が撮影されたのは、1日の午後9時半ごろでした。

 画面右の暗がりから現れたニット帽にマスクをした人物。

 明かりのついた家をじっと見つめたかと思うと、ゆっくりとした足取りで、住宅の敷地に侵入していきます。

 駐車場に入ると、今度は玄関を見つめ、さらに画面左側に移動すると、窓をおよそ1分、見つめ続けます。一体、何をしたいのでしょうか?

 目的が不明のまま、およそ3分。事態が動きます。

 道路側の植木に飾られたイルミネーションに興味を示したかと思うと、突然、電飾を外し始めます。電飾を盗むのが目的だったということでしょうか?

 しかし、この人物は、外した電飾を地べたへ置き、電源を切ると、ケーブルを箱にまとめ、そのまま立ち去って行ったのです。

 他人の敷地に侵入し、勝手にイルミネーションを片付けて去っていくという、到底理解できない行動に、住人は…。

 住人の女性:「そろそろ(イルミネーションを)片付けなきゃなと思っていたので、ありがたいと言えば、ありがたいが。とにかく気持ち悪いですね。知らない人なんで」

 この謎の行動は、およそ13分間にわたり行われていました。

 住人の女性:「『いつまでも、クリスマス気分で浮かれているなよ』ということなんですかね。イルミネーションを取り締まる“イルミ警察”が出たんじゃないですか」

こんな記事も読まれています