首都高で追突事故 車炎上 カーブ曲がれず…男逮捕[2022/04/23 13:07]

 23日未明、東京・港区の首都高都心環状線で乗用車が前を走っていた別の乗用車に追突した後、側壁に衝突し炎上しました。

 首都高で激しく上がる炎。地上には消防隊員の姿も見えます。

 午前1時半ごろ、首都高都心環状線外回りの飯倉ランプ付近で、追い越し車線を走行中の乗用車が右カーブを曲がり切れず左前方を走っていた別の乗用車に追突しました。

 追突した車はバランスを失って側壁に衝突し炎上しました。

 追突された車に乗っていた女性2人が軽傷です。

 警視庁は炎上した車を運転していた20代の男を危険運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。

 男は「100キロ以上出していた」などと話していて、警視庁が事故の原因を調べています。

こんな記事も読まれています