日本人救出で自衛隊陸上輸送可とする法案閣議決定[2013/04/19 10:26]

 アルジェリアでの人質事件を受け、政府は、海外にいる日本人を救出するため、自衛隊による陸上輸送を可能とする自衛隊法の改正案を閣議決定しました。

 小野寺防衛大臣:「自衛隊に対する期待が大変高まるなかでの要請だと思っている。今まで以上に柔軟に対応できるような内容だ」
 これまでは、自衛隊が日本人を救出する際、輸送手段が航空機と船舶に限られていましたが、改正案では、陸上自衛隊の機動車や装甲車といった車両による陸上輸送が可能になります。また、対象者についても、現在の「保護を要する日本人と外国人」から政府の職員や医師、面会が必要な家族などにも範囲を広げます。政府・与党は、今国会中にこの改正案の成立を目指す方針です。