総理が新会議開催を表明 温室効果ガス削減を強調[2013/10/06 11:53]

 安倍総理大臣は、地球温暖化に関連して、温室効果ガスの削減に必要な技術革新について議論する官民の会議を来年から開く考えを示しました。

 安倍総理大臣:「(温室効果ガス)排出を減らすのに必要な技術革新に焦点を合わせた年次会議を開きたい」
 安倍総理は、2050年までに世界の温室効果ガスの排出量を50%削減するとした6年前の自らに提案について、「責任意識を持っている」と強調しました。そのうえで、排出量削減に向け、科学技術分野において一層の規制撤廃を進める考えを示しました。