人間vsコンピューター 総理が強運で棋士を後押し[2013/12/10 22:12]

 人間対コンピューターの威信をかけた将棋対決。安倍総理大臣は、先手を決める「振り駒」でプロ棋士たちの戦いを後押ししました。

 来年3月に行われるプロ棋士とコンピューターソフトの将棋対戦の発表イベントに参加した安倍総理は、先手を決める振り駒を行いました。「ぜひとも人間に勝ってほしい」と5枚の歩兵を振った結果、なんと5枚とも表の「歩」がそろい、対戦上有利とされる先手をプロ棋士側が勝ち取りました。
 安倍総理大臣:「5枚とも歩が出るっていう確率は大変低いのではないかと思いますが、気持ち良かったですね。今年は富士山も和食も世界遺産になりましたから、将棋ももっと世界に発信したいなと」
 過去2回の大会はいずれもコンピューターが勝っているため、今回の対戦でプロ棋士に勝利をもたらすことができれば、安倍総理の強運も本物ということになるかもしれません。

こんな記事も読まれています