総理「国際性や行政能力を」都知事選候補者の条件[2013/12/21 07:30]

 安倍総理大臣はテレビ朝日の番組に出演し、来年2月の東京都知事選挙の候補の条件として、国際性や行政能力を挙げました。

 安倍総理大臣:「日本の成長を引っ張っていく、東京の知事としてふさわしい人。2020年のオリンピックを成功に導ける国際性のある人をぜひ選びたい」
 安倍総理はさらに、防災対策などに手腕を発揮する行政能力も都知事候補には必要だという認識を示しました。そのうえで、「地方選挙だから東京都の課題で選挙すべきだ」と述べ、特定秘密保護法や原発など国政の課題を争点にすべきではないという認識を示しました。また、経済については、成長戦略の分野ごとに担当大臣をつけて実行に移していく考えを強調しました。さらに、日銀短観などの指標が改善したことを受けて、国内投資が伸び、来年も景気の回復傾向が続くと自信を見せました。
 安倍総理大臣:「来年も今の成長軌道を4月、5月、6月は(消費税の)反動減がありますが、7月には今のペースに戻るようにしたい」

こんな記事も読まれています