内閣支持率5割下回る「日米ギクシャク」は半数超[2014/02/24 11:54]

 発足以来、ほぼ50%以上を維持してきた安倍内閣の支持率が、今月は48.8%となり、7カ月ぶりに5割を割ったことがANNの世論調査で分かりました。

 調査は22日、23日に行われました。安倍内閣の支持率は前の月より4.5ポイント下がり、48.8%となりました。5割を割ったのは去年7月以来、7カ月ぶりです。安倍総理大臣が進める憲法9条の解釈変更による集団的自衛権の行使については、半数の人が反対しています。また、憲法の解釈変更を内閣が決める前に国会で議論すべきとした人は80%を超えました。さらに、安倍総理の靖国神社参拝をきっかけに日米関係がギクシャクしていると思うと答えた人は半数を超えています。