安倍総理がオランダ到着「アンネの日記破損は遺憾」[2014/03/24 05:50]

 安倍総理大臣は日本時間の24日午前、オランダの首相と首脳会談を行いました。アンネ・フランクの家も訪問し、日本で「アンネの日記」が破られた事件について遺憾の意を示しました。

 オランダ入りした安倍総理が“いの一番”に訪れたのは、アンネがナチスの迫害から逃れて2年間過ごした隠れ家でした。
 安倍総理大臣:「(日本の図書館などにおいて)アンネの日記が破損されたことは、大変残念な出来事でありました。こうしたことが二度と起こらないようにしていきたい」
 安倍総理はその上で、「歴史の事実と謙虚に向き合い、語り継ぐことによって、世界の平和を実現していきたい」と“不戦の誓い”をアピールしました。ハーグに移った安倍総理は、オランダのルッテ首相と会談し、安全保障や経済など幅広い協力強化で一致しました。24日には核セキュリティサミットが開幕し、安倍総理は、原発停止で大量に保有したままになっているプルトニウムについて、再稼働に伴って使っていく方針を表明します。会議の合間を縫って、ロシアを除いたG7=主要7カ国による首脳会合も行われ、ウクライナ情勢を巡るロシアへの制裁措置などについて話し合うことにしています。

こんな記事も読まれています