「憲法9条にノーベル賞を」自民議員らが誤って賛同[2014/06/10 18:29]

 「憲法9条にノーベル平和賞を」とする署名に、自民党議員2人がサインしていました。

 自民党・長島忠美衆院議員:「全くの不注意だった。よく見ないで『ノーベル賞』ということで署名した」
 自民党・金子恭之衆院議員:「単純なミスで、混乱のなかで起きてしまった」
 憲法9条にノーベル平和賞授与を求める署名活動は、護憲派の野党議員らが進めているもので、自民党議員の2人はすでに撤回の手続きを済ませたということです。

こんな記事も読まれています