北朝鮮 一部制裁解除の3つの中身 「万景峰号」は[2014/07/03 16:08]

 特別調査委員会に北朝鮮のすべての組織を調査できる体制が整うと判断した日本政府。独自に科している制裁の一部を解除します。

 まず1つ目の解除は、人的往来の制限です。北朝鮮籍の人や当局職員の入国禁止、北朝鮮への渡航自粛などの制限を解除します。2つ目は、北朝鮮への送金の制限です。10万円を超える現金持ち出しの届け出義務と300万円を超える送金の報告義務が解除されます。そして、3つ目は、人道目的の北朝鮮船舶の入港禁止の解除です。2006年7月の弾道ミサイル発射以降、発動してきた制裁がこれで解除されれば初めてのことになります。しかし、まだ北朝鮮への制裁は残っています。万景峰(マンギョンボン)号の入港禁止、日朝間の航空チャーター便の乗り入れ禁止、そして北朝鮮への輸出入の禁止などは当面、継続する方針です。

こんな記事も読まれています