総理も利用 政府専用機、位置情報ネットに丸見え[2014/09/03 11:58]

 天皇陛下や総理大臣らが使用する政府専用機の飛行中の位置情報が、インターネット上で見ることができていたことが分かりました。

 今回、問題となったのは、「フライトレーダー24」と呼ばれるスウェーデンのサイトです。このサイトでは、飛行機が出す信号を受信し、現在地を地図上に表示しています。政府専用機のルートはテロ対策などのため非公開ですが、このサイトでは民間の航空機と同様にその動向を見ることができていました。防衛省は、先月8日に運営者に政府専用機の情報を表示しないよう求めました。先月27日には、運営者から防衛省に「今後、表示しないよう処置した」という連絡があったということです。