みんなの党「分裂」 渡辺氏に離党勧告検討[2014/09/17 05:55]

 みんなの党の分裂が決定的になりました。浅尾代表は、自民党との協力を模索する渡辺前代表と会談しましたが決裂し、離党勧告を検討する意向を示しました。

 みんなの党・浅尾代表:「路線が違うのであれば、渡辺前代表が出ていかれるということであれば仕方ありませんねと申し上げました」
 会談では、「自民党とも協力して政策を実現すべき」と主張する渡辺氏に対し、浅尾氏は「与党の下請け機関にはならない」として激しく対立しました。さらに、浅尾氏は渡辺氏に離党を促したものの、渡辺氏は、逆に「新党を作って出ていけばいい」と反発したということです。今後、浅尾氏は離党勧告を検討する意向ですが、渡辺氏は「創業者だから出ていかない」と強硬で、対立は泥沼化しています。

こんな記事も読まれています