再生医療や起業促進の国家戦略特区計画を認定[2014/10/01 04:21]

 安倍総理大臣は、関西圏と福岡市から追加で申請があった国家戦略特区の区域計画を認定しました。

 安倍総理大臣:「本日、関西圏の医療や福岡市の雇用といった特区の象徴となる改革事業に関する計画を認定することができました」
 関西圏では、iPS細胞を活用した再生医療など最先端の医療技術の実用化を促進するための規制が緩和されました。福岡市では、起業や新規事業を促進するために、市が人材交流を行うためのカフェを設置することが認可されました。安倍総理は、追加の規制改革事項を盛り込んだ国家戦略特区改正法案を提出する考えを示し、さらなる岩盤規制改革に意欲を示しました。1日は、東京圏の区域計画の審議が行われます。

こんな記事も読まれています