「アベノミクスは破綻では」民主、安倍総理を追及[2014/10/01 14:35]

 国会では1日から参議院でも代表質問が始まり、アベノミクスなどを巡って論戦が行われました。

 民主党・田中直紀参院議員:「異次元金融緩和実施から1年半が経過し、『大幅な円安』と『預貯金の実質マイナス金利現象』が発生しています。アベノミクスはすでに破綻しているのではありませんか」
 安倍総理大臣:「引き続き成長戦略を確実に実行し、経済再生と財政再建を両立させながら、経済の好循環を確かなものにしていく」
 民主党・田中直紀参院議員:「税や社会保障再配分に通じて可処分所得を増やしていくという政策も講ずるべきだ」
 安倍総理大臣:「減税をしたり、お金を給付でばらまいたりということではなくて、経済を成長させ、賃金を上昇させることにより可処分所得を増加させていく」
 田中議員はまた、去年4月に安倍総理が「貿易収支は1年後には間違いなく改善する」と国会答弁したことを挙げ、「見通しが甘い」と指摘しました。これに対し、安倍総理は「輸出が次第に持ち直しに向かい、貿易収支の赤字は緩やかに縮小すると見込まれる」と強気に反論しました。