安倍総理 習主席の幼なじみ李小林氏と劇鑑賞[2014/10/08 00:05]

 安倍総理大臣は、中国の習近平主席と近い対外友好協会の李小林会長とともに劇を鑑賞しました。首脳会談の実現に向けて、環境整備の意味合いがあります。

 会場には、李氏の招待で安倍総理のほか、自民党の谷垣幹事長らが顔をそろえました。日中友好記念作品の「朱鷺」という劇を鑑賞した安倍総理は、李氏に対して「いいものを見せてもらった」などと話したということです。李氏は、習主席とは幼なじみで、高級幹部の子弟である「太子党」の一人です。今回の接触によって、日中関係改善の姿勢をアピールすることで、来月に北京で開かれるAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の場での首脳会談実現に向けた地ならしの意味があります。