「日本人から入場料徴収」 カジノ修正案[2014/10/15 05:58]

 成長戦略の一環として検討されている「カジノ推進法案」の修正案が明らかになりました。日本人の利用を認めるため、入場料の徴収など、一定の要件を定めることにしています。

 超党派の議員連盟がまとめた修正案では、カジノの導入を外国人観光客の増加を狙ったものと位置付けていますが、日本人の利用も認めることにしています。ただ、日本人の利用には一定の条件を設けることを検討するとして、入場料の徴収や成人に限るなど、必要な措置を講じるよう政府に求めています。また、最初は2カ所から3カ所程度の地域で限定的にカジノの設置を行うとしています。議員連盟では、16日の総会で修正案を正式に決め、今の国会で法案成立を図る考えです。

こんな記事も読まれています