地味・使いにくい…パスポートのデザイン変更を検討[2015/01/13 16:57]

 パスポートのデザインが「富士山」になるかもしれません。

 現在のパスポートに対しては、他国に比べて地味だとか、偽造対策で添付されているICチップのページが分厚くて使いにくいとの指摘が出ています。外務省はすでにデザイン変更などの検討に入っていて、日本国内の世界遺産や名所旧跡、富士山を描いた浮世絵の「富嶽三十六景」を印刷する案などが出ているほか、パスポートを薄くして使いやすくすることも検討されています。外務省は、デザインを変更することで日本文化の発信に役立てたい考えで、東京オリンピックまでに変更することを目指しています。

こんな記事も読まれています