職員がNHK側に資料 「絶対に不適切」高市総務大臣[2015/03/23 15:00]

 NHKの籾井会長の答弁を手助けするために総務省職員がNHK側に予算委員会の場で資料を手渡していたとして、高市総務大臣は「絶対に不適切だ」と陳謝しました。

 高市総務大臣:「総務省がNHK会長の答弁を手助けするような行為があったということは、これはもう絶対に不適切でございます。心よりおわびを申し上げます」
 高市大臣は、16日の参議院予算委員会で、籾井会長に放送法に関する質問が飛んだ際、総務省職員がNHK職員に放送法の解説本のページを開いて手渡していたことが分かったと述べました。そのうえで、今後、再発しないよう監督すると強調しました。これについて、籾井会長は「総務省の職員が秘書のところに本を置いていったが、使用しなかった」と説明しました。