初会談… 「第一歩」菅長官vs「問答無用」翁長知事[2015/04/05 11:50]

 沖縄県を訪れている菅官房長官が翁長知事と初めて会談し、普天間飛行場の名護市辺野古への移設について協議しました。会談が終わったばかりのホテル前から報告です。

 (政治部・水頭洋太記者報告)
 那覇市内のホテルで、約1時間にわたって会談が行われていました。
 菅官房長官:「最重要なのは普天間飛行場の危険除去。辺野古移設を断念することは、普天間基地の固定化にもつながる」
 翁長沖縄県知事:「官房長官が『粛々(と進める)』という言葉を何回も使われる。僕からすると、問答無用という姿勢が埋め立て工事に関して感じる」
 菅長官は、普天間基地を辺野古に移設することで海兵隊員を半分に減らせるなど、負担軽減が実現すると理解を求めました。また、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)の沖縄への誘致など、振興に取り組む姿勢を強調しました。これに対して、翁長知事は「辺野古の新基地は絶対に建設できない」としたうえで、沖縄県の民意に耳を傾けるべきだと主張しました。会談終了後、菅長官は5日の会談が第一歩になったと評価したのに対して、翁長知事はもっと早く話すべきだったと不快感を示しました。