一人当たり年間17.2kg 学校給食で「食品ロス」[2015/05/19 16:54]

 学校給食で大量の食品廃棄物が発生しています。

 環境省の調査によりますと、小中学校における学校給食からの食品廃棄物が、年間で生徒一人あたり17.2kg発生していることが明らかになりました。また、出席した人数分の提供量に対する「残食率」、いわゆる食べ残しは6.9%に及ぶということです。こうした実態を受け、自民党の食育調査会は、今国会中に調理くずや食べ残しの削減やリサイクルの取り組みを推進するための提言を取りまとめ、政府に申し入れることを決定しました。

こんな記事も読まれています