「木を見て森を見ない議論」総理が野党を批判[2015/05/26 00:05]

 新しい安全保障法制の関連法案が26日から審議入りするのを前に、安倍総理大臣は「木を見て森を見ない議論が多い」と野党側を批判しました。

 自民党・谷垣幹事長:「(安倍総理は)『自衛隊員のリスクが高まるといった“木を見て森を見ない議論が多い”』と。『安保環境が厳しくなってきており、国民の安全リスクが高まってきているのではないか、その国民のリスクを自衛隊員が担っている』と」
 自民党の役員会で、安倍総理は「国民の安全リスクを低くしていくための法整備だ。本質的な議論をしっかりやっていきたい」と述べました。自衛隊による海外での後方支援の拡大などを柱とする安全保障関連法案を巡って、野党側は「自衛隊の活動範囲が広がり、リスクが高まる」と批判していて、安倍総理の発言はこれに反論した形です。

こんな記事も読まれています