「安保法案に反対」 2万5000人が国会取り囲む[2015/06/14 17:42]

 国会で審議が進められている安全保障関連法案に反対する抗議集会が行われ、主催者発表で約2万5000人の人が国会周辺を取り囲みました。

 民主党・長妻昭代表代行:「皆様とともに、日本がおかしくならないように戦っていきたい」
 共産党・志位和夫委員長:「安倍政権による戦後最悪の『戦争法案』は、皆の力で廃案に追い込みましょう」
 集会には、安保関連法案の成立阻止を目指す民主党や共産党など野党の代表クラスのほか、評論家の佐高信さんら有識者らが参加しました。主催者発表で、約2万5000人の人が国会周辺を取り囲む形で、安保関連法案の成立を目指す安倍政権に抗議の声を上げました。
 一方、こうしたなか、安倍総理大臣は14日、維新の党・最高顧問の橋下徹大阪市長と会談することになりました。会談では、安保関連法案についても意見交換が行われる見通しです。安倍総理としては、安保関連法案などで維新の党内に依然、影響力を持つ橋下氏の協力を得て、今後の国会運営を有利に進める足掛かりにしたい考えです。