安倍総理と橋下氏が会談 安保法制で意見交換か[2015/06/15 00:46]

 安倍総理大臣が維新の党・最高顧問の橋下大阪市長と会談しました。国会で審議が進む安保関連法案などについて意見交換を行ったものとみられます。

 14日午後6時ごろから始まった安倍総理と橋下氏の会談は、菅官房長官と大阪府の松井知事も同席し、約3時間にわたり行われました。出席者はいずれも会談内容について語りませんでしたが、会談で橋下氏は、大阪都構想の住民投票結果を受けて、政界引退を表明した経緯などを説明したものとみられます。また、安保関連法案でも、安倍総理は、依然、党内に影響力を持つ橋下氏に協力を求めたものとみられます。維新の党は派遣法改正案の対応で民主党などと距離を置いていて、安倍総理としては、野党を分断する狙いもありそうです。

こんな記事も読まれています