自民の“マスコミ懲らしめ”発言に遺憾 安倍総理[2015/06/26 16:59]

 自民党の会合で出たメディア批判。野党が安倍総理大臣を国会で追及しました。

 民主党・辻元衆院議員:「こんな会議をして、本当に自民党として恥ずかしいとか申し訳ないと思うとか、そういう総理自身の言葉ないんですか」
 安倍総理大臣:「まさに報道の自由というのは、民主主義の根幹であると。当然、尊重されなければならないというのが安倍政権の立場であり、自民党の立場でもあるわけであります」
 25日、安倍総理に近い保守系の若手議員の勉強会に出席した議員から「マスコミを懲らしめるには広告収入がなくなるのが一番だ」「悪影響を与えている番組を発表し、そのスポンサーを列挙すればいい」などメディア批判が出ました。これに対し、菅官房長官は、政府としてのコメントは避けながらも「個人的に聞かれれば、誰から見ても非常識だと思うのが自然だ」と述べました。さらに、二階総務会長は「そこにいた責任者が責任を取るべきだ」と苦言を呈しました。

こんな記事も読まれています