国会前には“反対の声”増え続け…「安保」単独可決[2015/07/15 16:55]

 戦後日本の安全保障政策を巡って15日、歴史的な局面を迎えました。安保関連法案が衆議院の特別委員会で可決。国会周辺の様子を伝えてもらいます。

 (板倉朋希アナウンサー報告)
 安保法案に反対する人たちが大勢、国会の正門前に詰め掛けています。歩道には数百mにわたって抗議の声を上げている人たちが列をつくっています。反対側の歩道にも長い列ができているという状況です。厳しい日差しが降り注いでいるなか、帽子をかぶり、うちわを持って暑さ対策をしながら必死に反対の声を上げているという状況です。主催者側によりますと、昼に採決された時には、この場に約2300人の人たちが集まっていたということです。ただ、採決された後、その数はさらに増えているという話も聞いています。この後、その数はさらに増え、多ければ1万、さらには2万人近く集まるのではないかという話でした。参加者の数はどんどん増えています。