「ザハ案、試算3000億円後半だった」総理と民主対立[2015/08/07 11:52]

 新国立競技場の問題です。2012年11月の有識者会合で、森元総理大臣が「神宮に宇宙から何かが降りてきた感じだ」と疑問を呈したザハ・ハディド氏の案。当時、民主党政権の文部科学大臣は田中眞紀子氏で、関係者によりますと、この時、すでに建設関係者の試算で3000億円後半と出ていました。しかし、政権交代に伴い、これが引き継がれないまま問題が拡大していったということです。野党側は下村文部科学大臣の辞任要求を強めています。

 (政治部・小池直子記者報告)
 民主党は責任の所在が明らかではないと批判しましたが、安倍総理大臣は「ザハ案を決めたのは民主党政権時代だ」として野党側を牽制(けんせい)しました。
 民主党・小川淳也議員:「一部報道では、集団的無責任体制といわれています。一体、誰がこの責任を負うのか」
 安倍総理大臣:「2020年の(五輪)開催まで間違いなく完成させるように内閣全体で責任を持って取り組んでいく決意でございます」
 民主党・小川淳也議員:「真摯な検討をしたとはとても思えない。この問題を政治利用していることは明らかだ」
 安倍総理大臣:「国立競技場について政治利用しているのは委員の方じゃないですか。なぜ、今までの国立競技場を壊して新しいものを作るということを決めたんですか、民主党政権時代に」
 また、民主党の玉木雄一郎議員は、オリンピックの招致が決まったIOC(国際オリンピック委員会)総会での安倍総理のプレゼンの前に「予算の事前確認を怠ったのではないか」とただしました。これに対して、安倍総理は「野田総理大臣の保証書が付いていた」などとして逆に民主党批判を展開するなど、双方とも建設的な議論に至っていないのが実態です。