自民 飲酒・喫煙年齢引き下げを学生と議論[2015/08/27 08:00]

 現在、20歳の成人年齢の18歳への引き下げを検討している自民党の特命委員会は、当事者となる高校生らの意見を聞きました。

 大学1年生:「権利と責任という面では18歳。お酒やたばこに関しては、医学的見地に基づいて決めるべきではないかと」
 高校2年生:「肉体的にはそういう障害が起こるかもしれない飲酒、喫煙というのは20歳からにすれば、そういう身体的な危険というのは避けられるのかなと」
 出席した高校生らからは「18歳は就職や進学で人生の選択をする年齢で、大人として扱うべきだ」「高校を卒業したら自立できる年代であり、飲酒なども高校卒業で解禁で良いと思う」という意見も出されました。自民党の特命委員会はこうした意見も踏まえ、来月上旬にも提言をまとめる方針です。