自民・高村副総裁「理解得られなくてもやらねば」[2015/09/07 05:56]

 自民党の高村副総裁は、青森市での講演で、安全保障関連法案について、国民の理解が「十分得られてなくても、やらなければいけない」と述べ、今の国会での成立を重ねて強調しました。

 自民党・高村副総裁:「安全保障というのは、国民のために必要だということで、(国民の理解が)十分得られてなくてもやらなければいけない時がある」
 そのうえで、高村氏は「選挙で国民の理解が得られなければ政権を失う」と話し、次の衆議院選挙で国民の審判を仰ぐ意向を示しました。
 民主党・岡田代表:「私は、それ(強行採決)は絶対に許されないことだと思う。そして大きな傷を残しますよ」
 一方、民主党の岡田代表は、奈良市での街頭演説で、国民の理解なしの採決は「後世に大きな汚点を残す」と語り、容認できない考えを改めて示しました。

こんな記事も読まれています