PKO教官訓練を日本で初開催 中国が急きょ“欠席”[2015/10/12 11:50]

 PKO(国連平和維持活動)の教官を育成するための訓練が初めて日本で開かれました。ただ、参加を予定していた中国が急きょ、欠席しました。

 PKOの教官養成訓練は、安倍総理大臣が先月のPKOサミットで貢献策の一環として打ち出したもので、アジア周辺地域の14カ国、約30人が参加しました。今回の訓練は10日間の日程で行われ、国連から派遣されたガーナやモロッコなどの教官がNGO(非政府組織)など民間組織との連携について講義し、参加各国のPKO部隊の能力向上を目指しています。ただ、参加を予定していた中国が開講式を急きょ、欠席しました。防衛省は、国連を通じて欠席の理由について確認を行うということです。