総理「TPP、最善の結果得た」 JA大会では怒りの声[2015/10/15 13:41]

 安倍総理大臣は、JAグループの全国大会であいさつし、TPP(環太平洋経済連携協定)について「最善の結果を得た」と成果を強調しました。しかし、会場からは怒りの声が上がりました。

 安倍総理大臣:「厳しい交渉のなかで、国益にかなう最善の結果を得ることができた。皆様とのお約束を守ることができた」
 また、安倍総理は「TPPの影響を緩和するため、万全の対策を取りまとめ、実行する」と強調しました。ただ、安倍総理が「強い農業をつくる」と訴えたのに対し、会場からは批判の声が上がりました。
 JA秋田ふるさと・鷹田代表理事専務:「総理の言葉も我々をばかにしている。『守った』と言うけど、結局、そうじゃない。政治家はすぐ手のひらを返す」
 農業者や団体関係者からは、予算措置を求める声が上がりました。

こんな記事も読まれています