「辺野古埋め立て」工事を再開 反対派の男性逮捕も[2015/10/29 10:31]

 辺野古埋め立てに向けた工事の着手届を提出した沖縄防衛局は、29日早朝から現場海域での作業を再開させました。

 沖縄県名護市の辺野古沖では、午前8時ごろ、埋め立てに向けた工事が再開されました。海上では基地建設に反対する人たちがカヌーに乗り、作業再開に抗議しました。一方、工事車両などが出入りするキャンプシュワブのゲート前では、夜明け前から市民が座り込みの抗議を続け、これを取り締まろうとする警察ともみ合いになり、男性1人が器物損壊の疑いで現行犯逮捕されました。国側の強行姿勢に対し、県内で批判が高まるのは必至です。

こんな記事も読まれています