慰安婦問題 日韓両国の主張と合意内容を整理[2015/12/28 16:47]

 日本と韓国の間で最大の懸案となっている慰安婦問題の決着を目指し、年の瀬に急きょ行われた外相同士の会談が28日午後に終わりました。日韓双方が歩み寄る形で、大きな進展がありました。外相会談で「合意」した主な4つの点を整理します。

 まず、日本側が求めていた慰安婦問題の「最終解決」の確約について、日韓の両外相は、「最終的かつ不可逆的に、つまり再び元に戻らないように解決されることを確認する」「今後、国際社会で互いに批判・非難することを控える」としています。そして、日本が撤去を要求していたソウルの日本大使館前にある「少女の像」について、韓国側は、関連団体との協議などを通じて適切に解決されるよう努力すると表明しました。
 一方で、韓国が求めていた安倍総理大臣からの元慰安婦への謝罪を巡っては、「日本政府は責任を痛感する。安倍総理はもう一度、慰安婦としてたくさんの苦痛を受けた、心身にわたって治癒が難しい方々に対し、心から謝罪と反省の心情を表明する」としています。そして、元慰安婦への支援です。女性たちへの支援を日韓政府が協力し、元慰安婦の支援を目的とする財団を韓国政府が設立し、これに日本政府の予算で資金を一括捻出することになりました。

こんな記事も読まれています