「在任中に…」 安倍総理“憲法改正発言”の波紋は[2016/03/03 16:58]

 国会で憲法改正について、2日は「在任中に成し遂げたい」と発言した安倍総理大臣ですが、3日はどんな議論が行われたのでしょうか。

 (政治部・藤川みな代記者報告)
 3日も国会では憲法改正に関する質問は出ましたが、安倍総理の答えは非常に抑制的でした。
 安倍総理大臣:「国会が決めるのではなくて、国会はあくまでも、国民の皆様に『どうでしょうか』という発議をするわけですから、決めて頂くのは国民でございます。ですから、3分の2の勢力うんぬんというのは、やや議論としておかしいのではないのか」
 2日の「在任中に成し遂げたい」という安倍総理の発言についても、政府高官は「これまでと何も変わっていない」と説明しているほか、別の政府高官も「参院選の争点は憲法ではなく、経済だ」と話しています。官邸サイドが火消しに追われたのは、与党内に強い警戒感があるからです。公明党幹部は「野党に憲法改正阻止という結集の軸を与えるのではないか」と危機感をあらわにしています。自民党幹部も「総理が憲法改正といえば、反対派のネジを巻くことになる」と指摘しています。夏の参議院選挙に向けて、憲法改正にスポットライトを当てたいのは安倍総理よりもむしろ野党側で、4日以降も議論が続くことになります。

こんな記事も読まれています