きょう安保法施行 「駆け付け警護」は当面見送りへ[2016/03/29 11:48]

 安全保障関連法が29日に施行されました。歴代の政権が禁じてきた集団的自衛権が使えるようになり、大きな転換点を迎えました。

 (政治部・安西陽太記者報告)
 29日の施行により、自衛隊はアメリカ軍などの他国軍に対して、弾薬の提供などの後方支援をどこでも行うことができるようになりました。
 中谷防衛大臣:「いま一度、気を引き締めて、新たに与えられる任務についてもしかるべき準備をして、隊員に対しても周知徹底、理解をしたうえで実施する」
 ただ、PKO(国連平和維持活動)での「駆けつけ警護」については、現在の南スーダンだけでなく、5月から6月にモンゴルで行われる多国間のPKO訓練でも行わない方針をすでに固めていることが分かりました。また、この夏にハワイで予定されているアメリカ軍などとの軍事演習でも「米艦防護」を演習内容には盛り込まない意向を関係国に伝えています。政府は新たな任務を秋以降に先送りする方針で、夏の参議院選挙の争点から遠ざけたい思惑もあります。

こんな記事も読まれています