「風評被害の対策を」安倍総理、2度目の被災地視察[2016/04/29 11:48]

 安倍総理大臣は29日朝から、被災地を視察するために大分県を訪れています。先週に続いて2度目の被災地訪問です。

 自衛隊機で被災地に入った安倍総理は、自衛隊のヘリコプターで大分県内の土砂崩れ現場を上空から視察し、その後、湯布院に入りました。普段は観光地としてにぎわっている湯布院の中心部を徒歩で視察し、地震による被害や避難状況について説明を受けました。地元関係者からは、観光業への風評被害を防ぐ対策への支援を求める声が出されました。午後からは熊本市内に移動し、商店街の関係者らと懇談するほか、復旧作業にあたる職員を激励する予定です。