“ヘイトスピーチ”根絶を 法案が参院本会議で可決[2016/05/13 19:10]

 特定の人種や民族に対して街頭での演説などで憎悪をあおる、いわゆる「ヘイトスピーチ」を根絶するための法案が参議院の本会議で全会一致で可決されました。今の国会で成立する見通しです。

 法案では、ヘイトスピーチを「外国出身者であることを理由に、地域社会から排除することを扇動する不当な差別的言動」と定義しました。「差別的言動」の例として、「生命や身体に危害を加えることを告知すること」や「著しく侮辱すること」などを挙げています。また、国や自治体に対してヘイトスピーチの解消に向けた対策や教育を進めるよう求めています。一方、憲法が保障する「表現の自由」を侵害する懸念から、罰則の規定は盛り込まれませんでした。「ヘイトスピーチ」法案は衆議院へ送られ、今の国会で成立する見通しです。