自民“まさかのプラン” 都知事に民進議員推す?[2016/06/17 15:54]

 「ポスト舛添」は誰になるのでしょうか。17日も、自民党が東京都連の緊急会合を開くなど与野党の調整が続いています。

 (政治部・中丸徹記者報告)
 自民党の午前の緊急会合では、参議院選挙の対策とともに都知事選挙の候補者についてもゼロから議論が行われました。候補者については、小池百合子議員や斎木前外務次官などの名前が挙がったということです。そして、今、内部で持ち上がってきているのは、自民党が民進党の長島昭久衆議院議員を推すというプランです。長島議員は自民党の石原伸晃経済再生担当大臣の元秘書で、安全保障などの考え方が自民党に近いといわれています。長島議員を推すことで、民進党に相乗りを持ち掛け、舛添問題が取り沙汰される選挙戦を無難にやり過ごそうという狙いです。実は、民進党でも一部、長島議員を推す動きが出てきています。ある議員は「蓮舫知事では都議会とうまくいかずに短命に終わる」として、相乗りでも民進党から都知事を出せれば御の字だという考えを持っています。しかし、参議院選挙を最重要視する民進党の執行部は「相乗りはあり得ない」と自民・公明との対決姿勢を打ち出す構えです。まずは蓮舫議員の態度が決定されるのを待ちつつ、水面下では徐々に駆け引きが激しくなってきています。

こんな記事も読まれています