“領海侵入”に中国大使「魚が捕れる場所だった」[2016/08/10 18:52]

 尖閣諸島で緊張が続くなか、自民党・二階幹事長が中国大使と会談です。

 自民党・二階幹事長:「家庭内でもぎくしゃくするってことはあるわけでしょうから、国と国ですから、当然あるわけですけども、それを乗り越えていくだけの度量と見識がなくてはならない」
 中国の程永華大使は二階幹事長の就任祝いに訪れ、尖閣諸島周辺の領海への侵入について、「魚が捕れる場所だった」などと述べました。二階幹事長は「ルールにのっとって行動すべきだ」と懸念を伝えました。