あす民進党代表選 蓮舫氏「二重国籍」問題の余波は[2016/09/14 11:49]

 15日に迫った民進党の代表選挙です。トップを走ってきた蓮舫代表代行のいわゆる「二重国籍」問題の余波が党内に広がっています。

 (政治部・原慎太郎記者報告)
 13日の会見を受けて、党内には「蓮舫氏をこのまま新しい代表にして良いのか」という不安の声が広がっています。
 民進党・松原仁衆院議員:「党員・サポーター・地方議員の投票が終わった後に『二重国籍でした』という議論が出てくるのは、代表選の運びとしては良くない」
 蓮舫陣営は「法的にも何も問題ない」と強気の姿勢で、代表選への結果にも影響を与えないとみています。問題視している議員からは「代表戦をやり直すべき」という声が上がっていて、14日に執行部に申し入れる予定です。追い掛ける前原・玉木陣営はこの問題をてこに国会議員票の切り崩しを狙っていて、ある中堅議員は「これで議員票が動かなかったら、この党はどうかしている」と最後の攻勢をかけています。