野党「プーチン大統領に一本取られた」批判相次ぐ[2016/12/17 00:05]

 野党からは「プーチン大統領に一本取られた」などと批判が相次ぎました。

 民進党・蓮舫代表:「領土問題での前進があったのだろうか。プーチン大統領に一本取られた形で終わったのだとすれば非常に残念です」
 民進党の蓮舫代表は、共同経済活動を念頭に「大規模な経済援助に終わった」と強調しました。また、共産党の志位委員長も「平和条約に向けての一歩どころか、ロシアの4島に対する統治への政治的、経済的な後押しになる」として、北方領土問題の進展につながらないとの考えを示しました。