オスプレイ通常飛行再開へ 1週間も経たぬうち…[2016/12/18 11:46]

 不時着事故を起こして飛行を停止しているオスプレイについて、在日アメリカ軍は条件付きで19日にも飛行を再開する方針を日本政府に伝えていたことが分かりました。

 13日、アメリカ軍海兵隊のオスプレイ1機が沖縄県の名護市沖で不時着し、大破しました。防衛省は安全が確認されるまでオスプレイの一時飛行停止を申し入れ、アメリカ軍も受け入れていました。しかし、訓練で伊江島に残っていたオスプレイ1機の移動を含め、在日アメリカ軍は条件付きで19日、飛行を再開する方針を固めました。すでに日本政府にも伝えていて、輸送などの通常飛行を再び開始します。ただ、事故の原因が究明されるまでは空中給油訓練などは再開しないとみられますが、19日に日本政府と協議することにしています。事故発生から1週間も経たないうちのオスプレイの飛行再開で、沖縄県側から反発の声が上がるのは必至です。

こんな記事も読まれています