“共謀罪”きょう衆院通過へ 野党は採決に反発[2017/05/23 10:31]

 「テロ等準備罪」、いわゆる“共謀罪”法案が23日午後の本会議で与党などの賛成多数で可決され、衆議院を通過する見通しです。

 法案の採決では与党に加え、日本維新の会も賛成する方針です。与党側は24日から参議院で審議入りし、来月18日の今の国会の会期末までに成立させたいとしています。これに対し、野党側は先週の委員会採決は無効だと主張していて、衆議院本会議での採決に反発しています。このため、今月23日午後1時から予定されている本会議の開会がずれ込む見通しです。野党側は参議院での審議入りを来週に遅らせ、会期内での成立を阻止したうえで、あくまでも廃案に追い込みたい考えです。森友学園の問題に続いて加計学園の問題も浮上するなか、与野党の攻防が激しくなっています。