古賀元幹事長「透明性高めるべき」 加計学園問題で[2017/06/12 17:05]

 自民党の古賀元幹事長が加計学園による獣医学部新設を巡る安倍政権の対応に「透明性を高めるべきだ」などと苦言を呈しました。

 自民党・古賀元幹事長:「公正公平な行政が行われているかは国民が判断する。透明性を高めて国民が判断をできる状況をつくっていくというのが、私は民主主義のイロハであると思うんですね」
 古賀氏は12日、名誉会長を務める岸田派の議員らと大平元総理大臣の墓参りに訪れました。古賀氏はあいさつのなかで、今の政治状況について「不思議なほど国民の信に応えることができていない」と苦言を呈しました。そのうえで、加計学園の獣医学部新設に関連して、文部科学省が行う再調査の結果について「一日でも早い方が良い」として、18日までの国会会期中に公表すべきとの考えを示しました。

こんな記事も読まれています