日米「2+2」急きょ先送り 米側で日程調整つかず[2017/07/03 11:55]

 日米両政府は外務・防衛閣僚級会合「2+2」を14日にワシントンで行うことで合意していましたが、アメリカ側の意向で先送りされることが分かりました。

 2+2には日本側から岸田外務大臣と稲田防衛大臣、アメリカ側からティラーソン国務長官とマティス国防長官が出席し、14日に開催することで合意していました。しかし、ティラーソン長官が他の国を訪問するため、調整がつかず、急きょ、先送りされることになりました。北朝鮮の核・ミサイル問題などへの対応を迫られるなか、日本側としては早期開催に向けて引き続き調整していく考えです。