自民都連会長後任で駆け引き 選挙で選ぶよう要望も[2017/07/10 17:19]

 自民党東京都連会長の後任を巡り、早くも駆け引きが始まっています。

 自民党・平将明衆院議員:「ブラックボックスだとか色々、色んな指摘も受けているので、例えば、選挙でやるとなれば所信表明、公開討論会、街頭演説とかにもなる」
 平衆院議員ら東京選出の自民党国会議員5人が、下村都連会長宛てに新しい会長を選挙で選ぶよう要望しました。一方で、川松都議は「オープン化イコール選挙だとは思っていない」として、敗因の分析を急ぐよう要望し、選挙を求める意見を牽制(けんせい)しました。

こんな記事も読まれています