総理「国民の信頼回復に努力」 支持率下落受け[2017/07/18 11:49]

 支持率上昇のきっかけをつかめるのでしょうか。最近、行われた各社の世論調査では内閣支持率が軒並み5ポイント以上下がり、危険水域となる30%以下になったところもあります。安倍総理大臣が来週に予定されている衆議院予算委員会での「加計学園」問題などを巡る審議と、来月3日にも行われる内閣改造や自民党役員人事を支持率回復の足掛かりにできるかが焦点です。

 (政治部・吉野真太郎記者報告)
 18日午前に自民党の幹部会議が行われましたが、その場でも政権運営の難しさが話題となりました。安倍総理が「国民の信頼回復に向け、努力を重ねる」と表明したのに対し、幹部の一人からは来週の予算委員会で加計問題などについて丁寧な説明を求める発言がありました。また、支持率についても深刻な意見が出たということです。
 菅官房長官:「謙虚にぶれずに全力で取り組んで、閣僚全員がより一層の緊張感を持ち、結果を出すことによって、国民の皆さんの信頼回復につなげていきたい」
 総理官邸側にも一発逆転の策があるわけではありません。官邸関係者は「原点に返って実績を積み上げるだけだ」と話しています。また、内閣改造に関して安倍総理は「骨格は維持する」と表明していますが、与党内には「麻生副総理や菅官房長官を留任させて人心一新といえるのか」という声もあります。政府高官は「来週の予算委員会前後が支持率の底だ」とみていて、今は着実にやれることをやるというスタンスです。

こんな記事も読まれています