自・二階幹事長 総選挙は「そう遠くない日に必ず」[2017/07/26 09:30]

 自民党の二階幹事長は、自らの派閥の研修会で「そう遠くない日に必ず選挙はある」と述べ、衆議院の解散・総選挙に備えるよう呼び掛けました。

 自民党・二階幹事長:「そう遠くない日に必ず選挙はあります。党の幹事長ですから、すぐ解散があるぞと言って皆にそんな恐怖を感じさせてもいけませんが、常識的に考えていつか必ずあるわけです」
 さらに、二階幹事長は「政治的な任期はもう来ている」と述べたうえで、「いつあってもおかしくないという気持ちが必要だ」と早期の解散・総選挙の可能性を指摘しました。安倍内閣の支持率が急落し、自民党内では安倍総理大臣ら政権幹部に対する不満が高まっていることから、党内の引き締めを図る狙いがあるとみられます。