韓国“慰安婦合意”方針に河野大臣「着実な履行を」[2018/01/09 23:26]

 韓国政府が慰安婦問題の日韓合意に関する新たな方針を発表したことに対し、河野外務大臣は「着実な合意の履行を求めていく」と改めて強調しました。

 河野外務大臣:「日韓合意は国と国との約束であり、たとえ政権が変わったからといっても、責任を持って実施をされなければならない。韓国側が日本側に対してさらなる措置を求めるというようなことは、我が国として全く受け入れることはできません」
 河野大臣はこのように述べて、韓国側に直ちに抗議する考えを示しました。また、日本が韓国の慰安婦支援財団に拠出した10億円を韓国政府が「全額立て替える」と発表したことに対し、「意味をまずしっかりと理解したい」と述べました。なるべく早い時期に韓国側の意図を確認する方針です。