中国軍の艦艇とそろって航行 尖閣接続水域に潜水艦[2018/01/12 05:53]

 中国軍の艦艇と中国軍とみられる潜水艦が、尖閣諸島の接続水域をそろって航行しているのが確認されました。

 小野寺防衛大臣:「緊張を一方的に高める行為であり、我が国として深刻に懸念をしております。防衛省、自衛隊としては、いたずらに事態をエスカレートさせることがないよう、冷静な対応を継続しつつ、我が国の領土・領海を断固として守り抜くため、毅然(きぜん)として対処して参りたい」
 潜った状態の潜水艦と中国軍の艦艇がそろって尖閣諸島の接続水域で確認されたのは初めてだということです。また、中国軍の艦艇が尖閣諸島の接続水域に入ったのは、おととし6月に続き2回目となります。日中関係に改善の兆しが見えるなかでの今回の動きが偶発的なものなのかどうか、日本政府は中国側の意図を慎重に分析しています。